よくある質問

 Q  瓦の耐久年数はどのくらいでしょうか?
 A  地域の気候風土によって多少の違いはありますが、瓦はほとんどはメンテナンスなしに最低30年は大丈夫です。 製品によって、色あせのような劣化は若干見られますが、機能(性能)的には、何の問題もありません。 メンテナンスいらずとはいえ、長い間には、瓦がずれたり、割れたりということがありますので、専門の工事店さんにチェックしてもらうことが大切です。
 Q  強風で瓦がずれたりした場合、直してもらえるのですか?
 A  瓦がずれたり、落下した場合等、雨漏りの原因となります。 電話をいただきますと、すぐにお伺いし修理いたします。 また、見積もりが必要な場合には的確に作成させていただきます。
 Q  セールスの方が来て「瓦が寿命です。」といわれたのですが、そのようなセールスは信用してよいのでしょうか?どこか確かめる手だてはありますか?
 A  屋根のリフォームに関する苦情が非常に増えています。 屋根や外壁のリフォームについては、特に国の決めた業社資格を必要としませんので、誰でも参入できるのです。 とくに訪問によるリフォームの場合「キャンペーン期間中」とか「地震診断」という名目で勧めることが多いようですので、注意した方がよろしいでしょう。 その業者が全日本瓦工事業連盟の加盟店であれば安心です。また全瓦連瓦屋根診断技師であれば尚、安心です。
 Q  台風の時の瓦(屋根)対策はありますか?
 A  台風時には屋根は非常に危険です。屋根には上がらないことです。 台風後の点検等も、専用の工事業者にまかせることが一番の安全策です。瓦をご使用の際には、防災瓦をお勧めします。
 Q  瓦や材料は少量でも購入できますか?
 A  はい。もちろんです。1枚からでもお売りいたします。お気軽にお越しください。